読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

✳︎小児ホジキンリンパ腫の記録✳︎

2016年10月にホジキンリンパ腫と診断された8歳の息子の記録です。

リンパ生検(これまでのこと)

(今回の入院時ではなく、一年前の検査の覚え書きです)

 

太い針を刺しての生検。

通常は、処置室などで部分麻酔でポチっと刺して終わりの検査です。

が!

息子は何しろ注射が大嫌い。

 

とても起きている状態ではそんなことはできないということで、一泊入院することになりました。

 

入院手続き後、まずは点滴。

もちろん大騒ぎ。

5人くらいで抑えたりなだめたり、処置室の外で待っていた私にも息子の大声と対応する大人たちの声が聞こえまくりです。私はひたすらドアの外で恐縮するばかり。

なんとか点滴の針を刺し終わり、息子含め全員、汗だくで出てきました。

本当に申し訳ない。

 

しばらくしていよいよ麻酔。

点滴からの麻酔なので、痛みはなし。

だけど怖がって騒いでます。

でもすぐに効いてきて、30秒ほどで熟睡。

 

それから部屋の外で私は待機。

『いたい〜!やめて〜!やめて〜』って聞こえる…

麻酔、効いてないんじゃない??どういうこと??と思っているうちに終わりましたと呼ばれました。入ってみると本人はグッスリ。

声は聞こえたものの、麻酔はしっかり効いていたようで、無事終了です。

 

部屋に戻り、2時間ほどすると目が覚めました。

「ん?ここどこ?」と…

いやいや、入院したところから忘れてるんかい(^_^;)

ということで、痛かったかどうかももちろん覚えておらず、なんとか生検も終わりました。

 

同室の子たちに「え?もう退院?ちょー早くない?」と言われながら翌日退院。

検査だけだったからねー、元気でね!とさよならしました。

1日だけだったけど、遊んでもらったおかげで楽しく過ごせました。

みんなも早く退院できますように。