読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

✳︎小児ホジキンリンパ腫の記録✳︎

2016年10月にホジキンリンパ腫と診断された8歳の息子の記録です。

転院〜経過観察(これまでのこと)

早速、紹介先の病院で受診です。

 

市民病院での検査結果を元に、診察していただいた結果、

『そんなに急いで対応しなくてもよさそう』

とのことになりました。

危険性が去ったわけではないけれど、リンパの腫れのサイズや全身状態から見ても、緊急度はそこまでないのではないかとの判断でした。

摘出して検査するのがもちろん1番確実ではあるけれど、メスを入れるリスク、傷が残ること、体や心にかかる負担なとなどと、現状を比べてみると、急いで手術する状態ではないのではないかということです。

 

症例を多く診てきた専門の先生にそう言われ、心の底からホッとしました。よかった!よかった!

 

ここ数日、子どもの前では普段通りにしていたつもりでしたが、夜、子どもたちが寝た後は夫婦で泣いてばかりの日々でした。

悪性リンパ腫のことを調べては泣き、来年の話をしては泣き、今日子どもとのやりとりを話しては泣き…

子どもたちにも、普段通りとは言いつつ、あれしなさい、これしなさい、ダメよ、とかいう言葉が出てこないのです。

生きてさえいれば、何でもいいじゃんと思えました。宿題忘れようが、ゲームし過ぎようが、ケンカしようが、生きているからこそのこと。

 

ガンかもしれないという現実が、他のすべてのことなんてどうでもよく思えるくらい大きく大きく、のしかかっていました。

怒られっぱなしの人生なんて悲しすぎる。

楽しい思い出をたくさん作らなくては!と夫婦でいっぱいいっぱいになっていました。

そして不思議なことに、あまり怒らなくなると、子どもたちも精神状態が安定するのか、あまり悪さをしなくなるのです。

あれ?私、怒りすぎてた??そんなことを反省する日々でもありました。

 

それが、そこまで緊急度が高くないと言われ、一気に力が抜けました。

 

でも、疑いが晴れたわけではないので、経過観察を続けるということで、これからは2ヶ月ごとに診察していくことになります。

このままサイズが小さくなるようなら、問題ないだろうと。

どうか小さくなりますように…