読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

✳︎小児ホジキンリンパ腫の記録✳︎

2016年10月にホジキンリンパ腫と診断された8歳の息子の記録です。

休薬期間1日目〜5日目

◎バクトラミン(錠剤)※月曜〜水曜のみ

◎ハリゾン(シロップ)

 

休薬期間でも、感染予防のお薬だけは飲み続けます。

祝日の日、午前中に地元の学校の担任の先生がお見舞いに来てくださいました。

次男、照れまくりでデレデレなのがかわいかった。ふふ。

夫も長男も病院に一緒に行っていたので、我が家は一家勢揃いで先生をお出迎え。

 

クラスのみんなからのお手紙を持って来てくださってました。

ほんと、嬉しいなぁ。

こういうのって、本当に本当に、心の支えになります。

息子も嬉しそうに大事に抱えてました。

 

1時間ほど話して、先生は帰られました。

 

さぁ、そしたら我が家も外泊に出発です!

家で飲む薬の準備も楽チン。

一泊、自宅で過ごして戻る予定にしていたのですが、、、

関東地方、初雪にして大雪。

しかも長男が発熱。(いつも何かとタイミング悪すぎです…)

たまたま夫が休みだったので、長男を近所のクリニックに連れて行ってもらい、私と次男は病院へと戻ろうとしましたが、、、雪がすごすぎる。

とりあえず病棟に電話して、雪がすごくて車で戻るのに時間が読めないことと、長男の発熱を伝えました。

すると「病院のまわりの雪もすごくて事故でも起こしたら大変だし、長男くんがもしインフルエンザだったら濃厚接触があった次男くんも病棟に入れないので、戻るのは明日でいいですよ」と!

やったー!もう一泊だー!

幸い長男もインフルエンザではありませんでした。

ほんとに、折に触れていろいろやらかしてくれる長男です。。。

翌日には雪も運転に支障がないくらいになり、病院に戻りました。

授業に出て、また午後から週末いっぱい外泊です(笑)

月曜日から点滴が始まるので、日曜日の夜には病院に戻ることになります。

余分な薬が体にとどまらないよう、ブドウ糖液を前日夜から流し始めるためです。

 

週末に地域のイベントがあったのですが、さすがに次男は参加はできずでしたが、出店のフードは長男が車で待機していた次男のところに運んでくれて、食べることができました。美味しかったと喜んでました。

 

イベント後は、夕飯を済ませて病院に戻ります。

隣のベッドの子も、日曜の夜に外泊から戻っていて、1人の病室ではありませんでした。よかった。

 

なんだかんだと、バタバタしているうちに休薬期間が終わってしまいました。

月曜日からは2クール目開始です。

1クール目より体に負担が大きくなることが予想されます。

休薬期間も、当初の予定よりだいぶ短くなっているので、退院も早まるかもしれないけど…大丈夫かな?

 

何とか辛い思いをあまりせずに終われますように。