✳︎小児ホジキンリンパ腫の記録✳︎

2016年10月にホジキンリンパ腫と診断された8歳の息子の記録です。

退院後検査〜PET・MRI〜

退院して3ヶ月近く。

 

とても元気に過ごしています。

あれ以来学校も休まず行けています。

毎日友だちと遊んで、学研教室にも復活しました。

入院前にずっと通っていたスイミングは、まだ感染リスクが決して低くはないので、お休みを続けてます。

 

新しく、テニスを習いたいということで、どんなもんだか体験レッスンにも行ってみました。

 

という感じで、とてもとても元気です。

 

そしてPET検査に行ってきました。入院していた病院にはPETがないので、別の施設へ行きます。

そこでも注射の大騒ぎは毎度のこと。

今回も針を刺すまでに30分近くは絶叫してました…

(スタッフさんたちも前回の大騒ぎは知れ渡っているらしく、かなりの警戒とあらゆる対応が見られました(^^; でもみなさん子どもの患者さんにはあまり慣れていないようで、だいぶ手こずらせてしまいました)

検査自体はスムーズに終了。

 

5時間前から食事ができないので、終わる頃には腹ペコです。1人だけ食べないのはかわいそうなので、私もお付き合いしてお昼抜き。

 

終わってから、入院時以来の食欲を見せて、ものすごい勢いで夕飯を食べてました。

 

PET撮影の後日、MRI検査です。

これは慣れ親しんだ病院へ。

造影剤を入れるためのルートを取ります。

イコール注射。

大騒ぎを見越してか、主治医の先生が刺しにきてくださいました。大騒ぎする息子をよそに、

『はいはーい、大丈夫だよー。行くよー。3・2・1はい〜』

と、軽やかに(?)ものの5分で終了。

さ、さすが〜。

検査はやっぱりスムーズ。

しかも『造影剤使わず、きれいに撮れました〜。』と…

いやいや、ルート取り損…?

ま、こればかりはしょうがないのか…

 

終わって、病棟にちらっと挨拶。

担当の看護師さんがちょうどいて、久しぶりにお話できました。

 

変な話、私はここに来るとすこしホッとしてしまいます。すごく、すごーく、安心感があるんです。

戻るのはもうイヤだけど、でも繋がり続けていたいような。不思議な感覚です。

みなさんが笑顔で迎えてくれるのもとても大きいかも。

 

お世話になった看護師さんが今月いっぱいで退職されるらしく、ちょうど最終日に診察で病院に来るので、また病棟に来ますと約束して帰りました。